blog

2018/11/12 19:42

皆さん、こんにちは【Rt395minerals】です。

(近日中に覚えやすい名前に↑改名予定です、

よろしくお願いいたします)

 

 

さて、前回の続き・・

1年に1度のみ一般開放されるシアレスレイク(アメリカ、カリフォルニア)でのイベントGem-o-ramaについて書いてまいります。

 

前回、前々回の記事はこちらです

♦︎自主採掘♦︎水晶のような岩塩! ハンクサイト ハンクス石 カリフォルニアにて採掘 その1

♦︎自主採掘♦︎水晶のような岩塩! ハンクサイト ハンクス石 カリフォルニアにて採掘 その2


その2でお伝えしたハンクサイトの採掘現場。

この色濃いブラックのハンクサイトは正確には

【Barrel Hanksite】 バレルハンクサイトと呼ばれます。


今回記事にしますのは薄い色合いのハンクサイト。

 

前回ご紹介したイベントの次、午後に行われるイベントです。

その名は【Blow Hole】ブローホール。

=穴を吹き飛ばす!・・といったところでしょうか。笑

 

私の記憶が正しければ。・その名のとおり

地下深くにある塩湖を爆発させ

群生しているハンクサイトを一挙に砕く、そして

機械で塩水とともに組み上げ広場にぶわぁぁぁ〜〜〜〜!っと 

吹き出すのです。

 

 

吹き出す・・ ピンときませんよね。

では、早速動画をご覧ください!


動画の後半、気が抜けて説明もなく、

ダラダラな動画になっていますが・・。笑

 

いかがでしょうか。

なかなか見ることのない映像かと思います。

 

機械から噴き出した塩水+ハンクサイト、

この後、塩水に濡れながら 潮干狩りのような感じで

キレイな結晶のハンクサイトを見つけていきます。

 

掘り出す作業は地味に力のいる作業で、そこからキレイな

結晶を見つけ出すのはこれまた地味に根気のいる作業です。

 

しかし、同じハンクサイトでもバレルハンクサイトとはまた違った

採取方法、結晶が楽しめます。

 

 

また、このイベントではハンクサイトにまじって

【 Sulphohalite】サルフォハーライトというハーライト岩塩の

一種も採掘することができます。

 

その形はピラミッドが上下にくっついたようなユニークな形。

見つかるのはなかなかレアだとされています!

採掘していても確かに稀に見つかる形でした。




そして、こちらが採取したハンクサイトの一部です。